女性の方が多い性器カンジタ症

性器カンジタ症は、カンジタという真菌が性器に感染して生じる感染症です。

男女別では女性に起きる確立のほうが高いです。これは男性器と女性器の構造の違いによるところが大きく、女性の膣と異なり、男性器は体外に露出していて通気性が比較的良いため、菌が増殖する環境が少ないことが考えられます。そのため男性でも包茎の人はやや発生率が上がるという統計があります。

カンジタ真菌は健康な人でももともと性器周辺やその他の体表に存在している真菌です。普段は問題は起こりませんが、体調の悪化などで免疫力が落ちると過剰に繁殖して発症します。

また性器カンジタ症を発症すると、それだけカンジタ真菌が多くなることから性行為を通じて相手に感染する場合があります。

ただ女性から男性への感染は低いです。

症状としては患部が真っ赤に炎症をおこし、強い痒みと白いドロッとしたおりものや分泌物があります。就寝前や就寝中に痒みが強くなる傾向があり、排尿時に痛みを感じることもあります。また性行為で感染するケースもあることから性病のように扱われますが、厳密にはカンジタ症は性病ではありません。

症状は自然におさまることもありますが、治療法としては抗真菌薬の使用します。かゆいからと知って市販されている「かゆみ止め」を使うのはおすすめできません。逆にカンジタ真菌を増殖させて症状を悪化させることになる場合があります。

FX業者機能一覧