性器カンジタの治療法と注意点

性器カンジタの原因は、通常存在するカンジタ真菌が性器内で異常増殖している状態を指します。そのため治療法としては、異常増殖しているカンジタ真菌をおさえることと、異常増殖させている環境を改善することが必要になります。

病院での治療は、膣内をよく洗浄し、カンジタ真菌を抑えるための抗真菌薬の膣剤を膣の中に入れるというものです。膣剤には大きくわけて2種類あり、1度入れると1週間くらい効き目が持続するタイプのものと、毎日1個ずつ入れるタイプのものがあります。普通は病院で持続するタイプのものを1回いれるだけで十分でしょう。

また膣内洗浄は膣内で増殖したカンジタ真菌を洗い流すのには有効ですが、過剰にくりかえし自分で洗浄していると、内部の善玉菌も洗い流すことになり、逆にカンジタ症などの日和見感染症の原因になる場合があります。

それからカンジタ症では外陰部の痒みがありますが、これに対しては抗真菌薬が配合されている塗り薬を使います。通常の市販されている痒み止めやステロイドの入った塗り薬を使用すると、逆に症状が悪化する場合があります。

また生活環境でいうなら疲れやストレスを溜めないようにすること、免疫力が低下するような環境をつくらないことです。免疫力の低下はビタミン欠乏によるものが多いです。

FX業者機能一覧