カンジタ菌が皮膚で増殖したら皮膚カンジタ症に

皮膚や粘膜の表面にカンジタ真菌が寄生することで発症するのが皮膚カンジタ症です。皮膚の表面だけにとどまることがおおいので、皮膚の深部に感染することはほとんどありません。

高温、多湿、多汗など菌が増殖しやすい皮膚環境で、皮膚と皮膚の擦れ合う部位、股、お尻の間、わきの下などに発症します。症状は赤い発疹ができ、軽いかゆみを感じたり、痛みを感じることがあります。

また水仕事が多い人がなりやすいものしてカンジタ性指趾間びらん症や爪カンジタ症があります。カンジタ性指趾間びらん症は、指の間の皮膚が赤くなり、むけただれたようになります。また爪の周囲で炎症をおこす場合もあります。かゆみはないか、あっても軽度です。

原因としては、ステロイド薬の外用や糖尿病など他の病気が原因で皮膚の免疫機能が低下していることがあげられます。治療法としては、イミダゾール系の抗真菌薬の外用が一般的です。

爪カンジタ症は爪の周囲ではなく、その内部にカンジタ真菌が寄生することでおきます。爪の先が皮膚から浮き上がったり爪がボロボロになるなどの症状がみられます。ただこれはきわめてまれなケースで、膠原病など他の疾患がある場合がほとんどです。

外用薬では完全には治らないことが多く、治療では、真菌を死滅させる作用がある内服薬であるイトラコナゾールなどの内服薬が用いられます。

FX業者機能一覧